月見酒の独り言


バイトの帰り道、足が思わず止まった。

やけに今夜は明るいなと思ったら、煌々と照らしてた。

僕を、ではなく。
僕を含む全てを。



満ち欠けする月に、自分を重ねることがよくある。

今日みたいに満月という完璧な時もある。
夜毎欠けていく姿に、抗えない運命を感じたり。

巡り巡って光が全て消えた時、「見えない」のに「ある」という状態になる。

その事実に改めて気付いた時、驚いてしまった。

「ない」という存在。

「自分なんかいなくてもいいや」という人間の存在する意味。

新月とはよく言ったもんだ。素敵な名前を付けてくれたもんだよ。「終月」じゃなくて良かった。


いいかい、新月は、いつか満ちるんだよ。



うたうたい堺輝

うたうたい堺輝の綴るしょーもないアレコレや ライブスケジュールなど

0コメント

  • 1000 / 1000