キャンドルナイト


帰りの電車でピートタウンゼント似のサラリーマンと「北の国から」の蛍似のお姉さんに挟まれた。

なんとなくいたたまれなかった。

ボジョレーヌーボーを予約しようといつもの酒屋に行ったら、予約すらまだ受け付けてなかった。

どんだけワイン好きに思われたんだろう。

いたたまれなくなって、いつもと違うウイスキーとオイルサーディンを買って店を出た。

秋風に体を預けて、何も考えず歩いた。

歩くことすら風に任せたら、あとは何をすりゃいいんだ。


帰って簡単に腹ふくらませて、シャワー浴びた。

この前買ったストロークスのアルバムをヘビロテ。

最初はPVがかっこよかっただけなんだけど、歌詞読んでまた好きになった。

早速さっき買ってきたウイスキー飲んで、大音量で聴く。

大丈夫、イヤフォンだから。

何も考えずドラムとベースとギターと声の渦に飲まれてく。


今日はキャンドルナイト。

一度も明かりをつけず、ロウソクだけ灯して、外から見れば誰もいない。


朝が来なければいいと思う。


うたうたい堺輝

うたうたい堺輝の綴るしょーもないアレコレや ライブスケジュールなど

0コメント

  • 1000 / 1000