得意なこと

今でこそこんなヒョロヒョロの体でステージに立ってはいるけれど、こう見えても実は中学・高校と6年間陸上部だったんだ。

小さい頃から走るのだけは得意でね。
いや、間違えた。

走ること以外は、要するに球技が苦手だったんだよ。
バスケをすればボールはついてこないし、サッカーすればゴール前に一番に走り込むのにシュートが決まらない。
あ、でもソフトボールとバレーは好きだったな。
ソフトボールはさ、ファーストが好きだね。チェンジの時も近いし。
バレーは相手のスパイクをひたすら拾うんだ。反射神経はいいからさ。でもそれを打ち込むのは背の高いかっこいい奴ら。
でも心の中で「へへ、お前らがきゃーきゃー言われてんのは俺のおかげなんだぜ」って思ってた。

とにかく、球技には縁がなかったんだ。
次兄が陸上やってたってのもあって、僕としては陸上はすごく身近だったし。



それよりなにより、あのクラウチングスタートがかっこいいじゃないか。
あまり見たことないかも知れないけど、あのスタートを前から見てみ。
ゾクゾクする程かっこいいから。

よく友達には「ただ走るだけで何が楽しいの?」馬鹿にされてたっけ。
あの時は「いやーよく分からん」としか答えらんなかったけど、今ならこう言えるね。


「クラウチングスタートが好きなんだ」


うわぁ、だせぇ。



いや、いいのよ。陸上はどう考えたって派手じゃないから。
派手さを求めてないから。
0,01秒タイムを縮める為にコツコツ筋トレして、細い骨に筋肉をつけていきましたよ。
100mからだんだん限界感じて、吐きながら400m走ってましたよ。

今もまだ走れるんかな。

逆三角形の上半身が懐かしい。。。

うたうたい堺輝

うたうたい堺輝の綴るしょーもないアレコレや ライブスケジュールなど

0コメント

  • 1000 / 1000